美味しいトマトが手に入ったら作りたい簡単おいしいトマト料理

トマト料理|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

トマトは、そのまま食べても美味しいですが、お料理にも幅広く使えて楽しいですよね。

生のトマトが美味しい季節だからこそ、そんなトマトの美味しさをお料理でも楽しみたいですね。

ということで、今回は、トマトを使ったお薦め料理をお知らせします。

トマト以外の材料も、珍しいものではないので、どうぞお気軽に試してみてくださいね。
パンに合うおかずもいろいろありますよ。

 

トマト入り肉味噌

トマト入り肉味噌の作り方

1.トマトは、皮を剥き、ざく切りにする。
トマトざく切|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

2.生姜1かけと葱15cm分をみじん切りして、サラダ油で炒めて、香を出す。
葱と生姜|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

3.豚挽肉150gを入れ、パラパラになるまで炒める
肉味噌|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

4.1.のトマトも加え、トマトの水分を飛ばしながら炒める
トマト肉味噌|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

5.豆板醤小さじ1/2を加え、少し炒めてから、甜麺醤30g、砂糖大さじ11/2、醤油小さじ2、みりん小さじ2、水1/3Cを混ぜてから、加える。
トマト肉味噌|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん
*辛いのがお好きな方は、豆板醤を多めに入れてください。

6.汁気が少なくなるまで、煮込んで、倍の水で溶いた水溶き片栗粉を加えて、とろみをつける。

トマト入り肉味噌、出来上がり!

トマト肉味噌|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

トマトの甘酸っぱさと濃厚なお味噌の味が美味しい肉味噌が出来上がりました。

このまま食べても美味しいですし、冷奴にのせたり、煮込む時に、水気をしぼった豆腐を加えればトマト麻婆豆腐になります。

その他、ご飯にのっけたり、うどんなどの麺にのせても美味しく楽しめます。
オムレツの具にしても美味しいですし、作っておくと、いろいろ使えて便利です。

 

トマト煎り豆腐

トマト煎り豆腐の作り方

1.木綿豆腐1丁は、レンジで3分くらい加熱した後、ざるに上げて、水切りしておく。
豆腐水切り|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

2.生姜と葱をみじん切りしておく。
フライパンに胡麻油を熱し、そこへ入れて、香が出るまで炒める。
生姜と葱|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

3.トマト大1個は、皮を湯剥きして、ざく切りにし、種もとる。
トマト|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

4.しめじやツナ缶1缶を2.のフライパンに加えて、炒める。
煎り豆腐|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

5.水切りした豆腐と、3.のトマトを加えて、水分を飛ばすように炒める。
 ナンプラー小さじ11/2と白だし小さじ2を加えて、味見をし、味を調える。
煎り豆腐|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

トマト煎り豆腐、出来上がり!

トマト煎り豆腐|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん
お好みで、胡麻をふったり、紫蘇の葉を飾ってください。
甘酸っぱいトマトでサッパリした煎り豆腐です。

トマトとナンプラーは、よく合います
お好きな方は、パクチーを入れても良いですし、卵でふんわりとじても美味しいです。

 

トマトとキャベツのアンチョビ炒め

トマトとキャベツのアンチョビ炒めの作り方

1.キャベツを洗い、ざく切りにする。
キャベツ|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

2.フライパンにたっぷりのオリーブオイルを熱し、芯をとったにんにくを入れて、香を出す。
にんにく|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん
(お好きな方は、つぶしてたっぷり入れたり、みじん切りにしてもOKですが、焦げないように注意してください。)

3.1.のキャベツと、皮を湯剥きして、ざく切りにしておいたトマトを加えて炒める。
キャベツトマト|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

4.全体に油がまわったら、具材をよせ、開いた部分にアンチョビを割きながら加えて、香が出てくるまでじっくり炒める
アンチョビ|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

5.塩味が足りなければ、塩・胡椒で味付けする。

トマトとキャベツのアンチョビ炒め、出来上がり!

アンチョビ炒め|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん
アンチョビキャベツ(キャベツのアンチョビ炒め)はよくあると思いますが、そこに、トマトも入れてみました。

彩りもよくなって食欲をそそりますし、アンチョビがアクセントになって、癖になる美味しさです。
バケットにのせて食べても美味しいですし、パスタを入れても美味しいですよ。

 

じゃが芋とトマトのグラタン

じゃが芋とトマトのグラタンの作り方

1.じゃが芋は、皮を剥き、5mmくらいの厚さに切る。
じゃが芋|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

2.1.のじゃが芋を水にさらさないで、そのまま鍋に入れ、かぶるくらいの牛乳と塩少々を入れ、柔らかくなるまで煮る。
じゃが芋|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん
*じゃが芋を水にさらさないで煮ると、とろみがつきます。

3.耐熱皿に2.を流し込み、塩・胡椒をし、生クリームを注いで、プチトマトをのせ、とろけるチーズものせる。
じゃが芋とトマトのグラタン|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

4.200℃のオーブンで約15分、チーズが焦げるまで焼く。

じゃが芋とトマトのグラタン、出来上がり!

じゃが芋とトマトのグラタン|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん
トマトは、プチトマトをそのまま使っても良いですし、セミドライトマトにしてから使っても、尚美味しいです。
トマトとじゃが芋も合いますし、トマトとチーズの相性はバッチリ。

トマトに火を入れると、美味しい、としみじみ実感する一品です。

 

サラダのトマトドレッシング

トマトドレッシングの作り方

1.トマトは皮を湯剥きし、ざく切にしたら、オリーブオイルで炒め、じっくり煮詰める。

2.冷めたら、寿司酢とオリーブオイルを加えて、トマトドレッシングにする。

お好きな野菜にかける。

トマトドレッシング、出来上がり!

トマトドレッシング|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん
トマトごと食べるドレッシングです。
彩りも綺麗ですし、甘酸っぱさが美味しいドレッシング、夏にぴったりですね。

このドレッシングにアンチョビを入れても大人味で美味しいです。
また、茹でたお肉やカツレツなどの揚げ物、カルパッチョなど生のお魚にかけても美味しく、万能なドレッシングです。

 

まとめ

トマト料理と言うと、トマト煮込みにしたり、スープにしたり、とお鍋に入れることが多いかと思います。
ですが、炒めてみたり、焼いてみるのもとっても美味しいです。

もともと生で食べるとみずみずしくて美味しいトマトですが、焼いたり炒めると、余分な水分が抜けるので、驚くほど甘みが出て美味しくなります

今回は、トマトの甘酸っぱさを楽しめる料理をご紹介しましたが、どれもとっても簡単で、アレンジもいろいろできるものですので、どうぞお気軽にお試しください。

パンのお供にもいかがですか。