生トマトや野菜たっぷり、オーブンで美味しいラタトゥイユ作り

ラタトゥイユ|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

暑い季節は勿論、いつの時期でも野菜をたっぷり食べたい時に、ラタトゥイユは良いですよね。

いろんな野菜をトマトとハーブで煮込んで、たっぷり作って冷蔵庫に入れておけば、何日間か楽しめるので、パンのお供にしたり、お肉やお魚の付け合わせにしたり、と、とっても便利なんですよ。

しかも、いろんな野菜で作れるので、冷蔵庫整理の時にも大活躍というわけですね。

そんな嬉しいラタトゥイユ、お鍋で煮込むだけでも良いのですが、今回は、オーブンを使って作る作り方をご紹介します。

 

野菜たっぷりラタトゥイユの材料

ラタトゥイユの材料|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

玉葱 1個
にんにく 1かけら
トマト 1個
ズッキーニ 1本
パプリカ 1個
ピーマン 2個
茄子 2本
お好みのハーブ(今回は、ローズマリーを使用.ほかにタイムやオレガノもお薦めです。
裏ごしトマト(パッサータ、なければトマト缶を煮詰めてもOKです。) 大さじ2
トマトケチャップ 大さじ2
塩・胡椒
オリーブオイル

野菜たっぷりラタトゥイユの作り方

1.トマトは、皮に切れ目を入れ、さっとボイルした後、氷水に入れると、皮が自然にはがれてくるので、そのまま皮を剥き(湯剥き)へたをとって、約2cm角に切る
玉葱は皮を剥いて、2cm角に切り、茄子は、皮を縞目に剥いて、2cm角、ほかの野菜もだいたい2cm角に切る
にんにくは、皮を剥いて、芯をとり、つぶしておく
ラタトゥイユの材料|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

2.オーブンに入れられる鍋に、オリーブオイルを敷き、1.のにんにくを入れてじっくり炒め、香りを出す。
にんにく炒め|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

3.お好みのハーブを加え、一緒に炒める。あとで取り出したい場合は、お茶パックなどに入れてから入れても便利です。
ハーブ|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

4.裏ごしトマトとトマトケチャップを加えて炒める。
トマトケチャップ|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

5.ひたひたになるくらいの水を入れたら、塩・胡椒して200℃のオーブンに入れる。

6.フライパンにオリーブオイルを敷き、ズッキーニを入れたら、全体を色よく炒める。
塩・胡椒をして、5.の鍋に加え、ざっと混ぜたら、そのまま、また200℃のオーブンで加熱を続ける。
ズッキーニ炒め|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

7.また、フライパンにオリーブオイルを敷き、パプリカを炒め、塩・胡椒する。パプリカ炒め|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

8.オーブンの鍋の中に、7.を加えて、混ぜ、200℃のオーブンで加熱を続ける
ラタトゥイユ|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

9.ピーマンも同様に炒めて、加える。

10.フライパンにオリーブオイルを敷き、茄子を炒めたら、トマトも加えて、水分がなくなるまで炒め、塩・胡椒する。
茄子とトマト|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

11.オーブンの中の鍋に10.を加え、混ぜたら、200℃のオーブンで約8分加熱する。
ラタトゥイユ|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

12.オーブンから鍋を出し、まだ水分が残っていたら、ほぼなくなるまで煮詰めて、味見をし、味が足りなければ、塩・胡椒で味を調える。
ラタトゥイユ|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん

野菜たっぷりラタトゥイユの出来上がり!

ラタトゥイユ|板前と女将のまかないごはん、お家ごはん
こんな風に、彩もよく美味しいラタトゥイユが出来上がります。

最後に

生のトマトで作っているので、優しい味わいのラタトゥイユになります。

また、出来立てより、少し時間を置いておいてからの方が、味が落ち着いて美味しいです。

あたたかいままでも良いですし、夏場は冷たく冷やしていただいても、とっても美味しいですよ。

トーストしたバケットなどのパンにのせて食べても、美味しいのでお薦めです。

少しだけ手間はかかりますが、難しい作業はないので、野菜がたっぷりあるときや、半端な野菜がいろいろあるときなど、気軽にお試しください

季節によって、入れる野菜を変えれば、その季節らしさを楽しめたり、また違った味わいになるので楽しいですよ。